こんにちは。UnityEvangelistのいっせい(@issey_tsumiki)です。
今回はUnityでの見た目の絵をシーンの見た目を劇的に向上させるポストプロセスと、Photoshopを活用したLUT(ルックアップテーブル)を紹介します。

ポストエフェクトって???

ポストプロセスは、レンダリングされた既存のシーンに基づくレンダリングエフェクトです。これは、通常、シーンビューに依存し、最終レンダリングを行う前に、レンダリングされたシーンの上にレイヤー化されます。この機能の利点は、既存のコンテンツに変更を加えることなく、シーンの見た目を劇的に向上できるということです。- [Unity User Manual – ポストプロセスを理解する]

Unityで使うためには

UnityにはPostProcessingStackというものが用意されています。
UnityEditorに導入するためには、手順を踏む必要があります(インストールしただけでは出来ません)。
PostProcessingStackにはv1 v2 と2つのバージョンが有り、最新のv2を使って紹介します。

導入に必要な手順をまとめているサイトがありますので、参考にしてください。
カメラへの設定や、各機能の追加の説明もあります。
【Unity】PostProcessingStack v2を使ってBloom(光のにじみ)を表現する – [テラシュールブログ]

また、Gitにも公開されていますので、zipでダウンロードして中の[PostProcessing]ファイルのみをUnity内へコピーするだけでも導入できます。
Unity-Technologies/PostProcessing – [github]

サンプルシーンの紹介

今回はサンプルシーンとして、【ArchVizPRO Interior Vol.6】を使用します。
建築向けの綺麗なシーンなので、覗いてみたい方は是非、UnityのAssetStoreにて販売していますので参考にしてみては如何でしょうか。

実際に導入して設定するとこのような変化を起こすことが出来ます。

PostProcessingStack オフ

PostProcessingStack オン

LUTとは

LUTとは、色対応表になります。

このような画像を用いることで、Photoshopなどで加工した色味変化情報をUnityで再現することが出来ます。

LUT実装

実際にLUTを使って変化させていきます。

-PostProcessingフォルダ内に標準LUTがあります。
-これをベースに作製していきます。

-どこでも良いので、Unity上で見えている絵をキャプチャ
-Photoshopに画像とLUTを並べます

-トーンカーブやカラーバランス、レベル補正などで色味を整えます
-LUTにも効果がかかるようにしておきます
-書き出す際はLUTのみを抜き出し(1024×32)
※LUTサイズが違う場合、色味がおかしくなります

-書き出したLUTになります

-Low Definition Range を選択するとLUTを入れることが出来ます

-LUTを入れただけだと色味がおかしくなります
-Fixを押すと正常に動作します

LUT比較

-Photoshopで加工したもの

-UnityにLUTを適応したもの