こんにちは。UnityEvangelistのいっせい(@issey_tsumiki)です。

皆さんはPsychic VR Labが運営しているSTYLYというwebサービスをご存知でしょうか。
様々なプラットフォームから画像や動画、3Dモデルをインポートすることができ、プログラミング言語が書けなくてもWeb上でVR空間を作れてしまうサービスです。
世の中に出ているHMD(ヘッドマウントディスプレイ)にも対応しており、Web上での閲覧とHMDでの閲覧が可能となっています。
現在では多くの作品がパブリックに公開されています。

 

超体験のデザインプラットフォーム「STYLY」

STYLYは、VR空間を駆使した新たな表現・体験を生み出せるクリエイティブプラットフォームです。
STYLYを活用することで、コンセプチュアルなショップ空間やインスタレーション、ギャラリーなどクリエイターのイマジネーションを際限なく表現した多彩な空間を構築できます。
またその空間を通じて、今までの現実では成し得なかった体験をインターネットの世界へシェアすることができます。- 「STYLY/About」より引用

 
皆様のご要望が多かった、「手軽にVRコンテンツを作りたい」という声に答える形で今回の勉強会が開催されます。
今回の勉強会ではGraphisoftのArchiCAD、AutodeskのRevitを対象としており、実際の業務で活用しているBIMを選ぶ事ができます。
対象のBIMソフトのサンプルを試しにアップロードしてVR化するところまでのハンズオンとなります。

Unityを触ったこと無い方や、興味のある方、これから使っていきたい方向けの勉強会となります。
今回の勉強会を通じて、実際の業務での活用も見込めたり、やりたいことの想像が膨らむと思います。
是非、皆様のご参加をお待ちしております。

今回のワークショップでは、Unity BIM Importerを使って、RevitやARCHICADなどのBIMデータをUnityに取り込み、STYLYへインポートするまでの手順をサンプルデータを使ったハンズオン形式で実施いたします。
STYLYとUnity BIM Importerを活用すれば、BIMデータのVR化はもちろんWebプレイヤーでの3D体験も可能となり、手軽に3Dデータをシェアすることが可能です。
VRを使ったBIMデータの活用にご興味のある方はこの機会にぜひ、お越しください。- 「STYLY VR Workshop」より引用

また、今回の勉強会では、事前準備として、UnityのインストールやSTYLYのアカウントの作成などございます。
ご心配の方は14:00-15:00の枠で事前準備時間を設けております。
スタッフが丁寧に手順をお教えいたしますので、こちらもご利用ください。